空の雲を考えてみよう

聖書 ヨブ記37:1-16
あなたは濃い雲のつり合いを知っているか。 ヨブ37:16

ずいぶん昔のことですが、息子たちと庭に寝そべって、流れる雲をながめていたことがありました。「お父さん、どうして雲は浮いているの」と、ひとりが尋ねました。私は、「それはね…」と教養のあるところを見せようと思ったのですが、口ごもってしまいました。そして、「分からないなあ」と知らないことを認め、「でも、調べてあげるよ」と付け加えました。調べて分かったことは、こうです。凝結した水蒸気が地球の引力で下降すると、地上から昇る温かい空気にぶつかります。そして、再び霧状の水蒸気となり、上昇するのです。これが、この自然現象の説明です。しかし、自然現象の説明は、究極の答えではありません。雲が浮くのは、神が、その英知によって自然を司る法則をつくり、「完全な知識を持つ方の不思議なみわざ」(ヨブ37:16)を示されたからです。ですから、雲はひとつの象徴、すなわち、神が恵みとまことをもって天地を創造されたということを表すしるしなのです。

いつか、「あの雲は何に見えるだろう」などと思いながら、のんびり雲を見ることがあったら、思い出してください。万物を美しく造られたお方が、上空に雲を浮かばせておられることを。また、その理由は、私たちに驚き敬う心を呼び起こさせるためであることを。大空は、積雲や層雲、巻雲さえも、神の栄光を宣言しています。

創造主なる神さま、あなたの造られた世界は何と驚きに満ちていることでしょう。どれほどほめたたえても尽きることないほめ歌を、あなたに心からささげます。

大自然は創造主を指し示すしるしに満ちている。
0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

:boyface: :girlface: :manface: :womanface: more »

お問い合わせ

お問い合せは、こちらからお願いします。

Sending

© 2017 atrie.ca  |  Design: NetPalette

Log in with your credentials

Forgot your details?