イエスはまだここに?

聖書 ローマ8:31-39
私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。 ―ローマ8:38-39

コロラド州で2013年6月に起こったブラック・フォレストの山火事で、500戸以上の家が焼失しましたが、テッド・ロバートソンの家もそのうちの一軒でした。避難指示が解除され焼け跡に戻ると、テッドは灰や瓦礫をかき分けて、家族の大切なあるものを探しました。それは切手ほどの大きさの赤子のイエスの陶器人形で、妻の手作りでした。黒焦げの瓦礫をかき分けながら、「赤子のイエスは、まだここにいらっしゃるだろうか」と考えていました。

失望と喪失感に揺さぶられるとき、「イエスはまだここにおられるのだろうか」と考えてしまうことがあります。しかし聖書は、イエスはともにいてくださるとはっきり語ります。すなわち、「死も、いのちも、御使いも、権威ある者も、今あるものも、後に来るものも、力ある者も…私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません」と述べているのです(ロマ8:38-39)。

テッド・ロバートソンは、かつて物置だった場所に、ナティビティーセット(キリスト降誕の場面を再現した建物や人形のセット)の残骸を見つけました。そこに赤子のイエスの人形もありましたが、何と、それは炎から守られ無傷でした。彼はニュース番組の取材に「不安のただ中に希望が灯されました。失ったと思っていた人生の一部を、きっと取り戻せると励まされました」と語りました。

イエスは今でもここにおられるだろうか…。もちろんおられます。このことこそが、永遠に失われることのないクリスマスの不思議です。

イエスを知っていれば、決してひとりぼっちで歩むことはない。
0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

:boyface: :girlface: :manface: :womanface: more »

お問い合わせ

お問い合せは、こちらからお願いします。

Sending

© 2017 atrie.ca  |  Design: NetPalette

Log in with your credentials

Forgot your details?