日本の教科書

4月から中一になる次男の教科書。 計14冊。 日本の新中学生より一足先に手元に届いた。

なんて素晴らしい!! その一言に尽きる。

でもそれって、日本を離れてみないと見えてこない。

ホームスクーリングで使用しているのが日本の教科書。 長男のゆとり教育世代のお下がりと、5年生後期からは次男用に取り寄せた新しいもの。
早速新教科書を長男が手にして、感心顔。 カナダのものとは比べ物にならない。 主要教科はもちろんのこと、技術系の教科書が殊に素晴らしい。
それに私の中学生の時とは比較にならないほど、中でも保健はかなり突っ込んだ内容になってる。 時代の変化だね。

でも皆で大笑いしてしまった: カナダの暮らし。 :lol:
“北部”とあるが、大多数のカナダでの生活は良く目にする“北米”の暮らしだ。 アメリカとあまり区別がつかないからなのか。。。?

世界では未だに日本と言えば『サムライ、芸者、富士山(ふじやま)』だったりするから、似たようなものなのかも知れない。

“知らない”って誤解を招くなぁ。

0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

:boyface: :girlface: :manface: :womanface: more »

お問い合わせ

お問い合せは、こちらからお願いします。

Sending

© 2017 atrie.ca  |  Design: NetPalette

Log in with your credentials

Forgot your details?