愛と支援

聖書  ピリピ4:10-18

私は、……私の神に……あなたがたが、最初の日から今日まで、福音を広めることにあずかって来たことを感謝しています。 ―ピリピ1:3,5

発展途上国の孤児院で働く友人からメールが来ました。「昨日、事務所で仕事をしていると、蟻が床で列を成しているのに気づきました。その列をたどっていくと、何と私たちのいる建物の壁が外側も内側も何万匹もの蟻でおおわれていました。蟻はそこらじゅうにいましたが、幸いにも職員のひとりが駆除を買って出てくれたので、一時間もたたないうちにいなくなりました。ところで、あなたは、お元気ですか…。」

私たちは、先進国の快適で便利な暮らしを後にした人たちのことを忘れがちです。神は私たちをそれぞれの奉仕に召されますが、その中には困難の多い道に進むように召される人もあります。蟻に占領されそうになる事務所で働きたいと思う人はいません。私の友人は、得をすることがあるからそこにいるわけではありません。

彼女もそうですが、自分を愛してくださったイエスが栄誉に浴するのならば、「必要不可欠」な現代社会の快適さを放棄するのは取るに足らないことだと考えるクリスチャンがいます。主がそのように、彼女たちの心を捕らえてくださったのです。

ピリピに滞在していたとき、使徒パウロは友人を頼りにしていました。主にある交わりにおいて(ピリ1:5)、経済的支援において(4:16)、また配慮という点においても(4:18)そうでした。発展途上国に出かけていって奉仕している人たちも、パウロと同じように支援が必要です。神に仕えるために、慣れ親しんだ環境を離れた人を支援しましょう。そうやって、その人を派遣されたお方に対するあなたの愛を表しましょう。

人生の栄光は愛されることではなく愛することに、もらうことではなく与えることに、仕えられることではなく仕えることにある。
0 Comments

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

:boyface: :girlface: :manface: :womanface: more »

お問い合わせ

お問い合せは、こちらからお願いします。

Sending

© 2017 atrie.ca  |  Design: NetPalette

Log in with your credentials

Forgot your details?