通学

ホームスクーリング3年目に入った。 長男は地元の学校に戻ったが、次男は引き続きホームスクールだ。

私たちは『セルフデザイン』と言うコースを選択・登録している。 その名の通り、自分で勉強内容を決める。 毎週最低限の学習時間が決められていて、報告義務があるが、基本、好きなことを好きなだけできるわけで、言い換えれば、学校システムのカリキュラム等に納得いかなければ、こうやって家で勉強の機会も選択できる。 これも『通学』とみなされるから、当然『不登校』扱いはされないし、高校の卒業資格も得られる。 その上、上額$1000/年ほど(10万円くらい)の補助金(立替払いで還付制)が支給されるので、その中で習い事など、教育に必要な費用を補うことができる。

ところで、カナダの小学校へ通わせてみて、いかに日本の義務教育のカリキュラムが充実しているかを実感した。 数学や理科はもちろん、美術、音楽、体育といった技能系に至るまで、非常にまんべんなく学習できるように考えられている。

だけどこのシステムに全員が当てはまるわけではない。 何らかの事情で通学できなくなった子どもたちは、『不登校』という不名誉なレッテルを貼られ、その親たちも苦しい思いを強いられる。 いじめの問題も深刻だが、様々な学校環境の中、どうしてもそれ以上通学できない子どもたちは決して少なくない。 そんな時に正式に認可された『ホームスクール』という選択肢があったらどんなに安心だろうと思う。 親も子も『学校へ行けなくなった』のではなく、『家で学ぶ』というポジティブな選択ができたなら、心も傷つかずに済むのではないか。 『正式』なので周りの目も気にしなくて済む。

9月から長男が地元の学校へ通うことになったことを伝えると、何人かの人に『良かったね〜』と言われた。 その言葉に日本(人)の現状、認識が現れているように思う。 やはりまだまだホームスクールの考えにかなりの温度差があるようだ。

こんな記事に見合うような写真は当然無く。。。 で 勉強つながりで、歴史的建造物を。
ここは鎌倉・鶴丘八幡宮。 左手は大銀杏があった場所。 公暁が源実朝を暗殺したのも目撃したんだろうなあ。

 

2 Comments
  1. エリザベス 4年 ago

    日本て個性個性っていいながら、やっぱり型にはまっていないとはずされる。
    知り合いにも不登校の子がいて、今中3だから、来年高校は、そういった不登校の子たちを受け入れてくれる高校に入れるって言ってた。
    結局内申点が取れないから、まともに高校受験は難しい。
    受験もうんざりだよ。

    • Author
      mrsblogger 4年 ago

      ここではホームスクールは全く珍しくなく、特にクリスチャン家庭で多いよ。ポジティブな選択。うちもそれ以外にもホームスクールにした理由はあるけど、まだ日本には負のイメージが強いのかな。。。学校って言う建物に通わない子どもたち=可哀想って思う傾向がある。
      受け入れてくれる高校があるっていいことだけど、私立だよね、きっと。
      個性なんて日本社会には邪魔だもの。カナダでも個性重視なのかって疑問だけど、許容範囲は日本より広いのは、子どもたちの身なりを見ていても確実。
      受験の負担は子にも親にも色んな面で絶大だね。うちはそこから逃げた。 :airplane:

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

:boyface: :girlface: :manface: :womanface: more »

お問い合わせ

お問い合せは、こちらからお願いします。

Sending

© 2017 atrie.ca  |  Design: NetPalette

Log in with your credentials

Forgot your details?